都甲幸治×下平尾直トークショー『狂喜の読み屋』はどのようにして生まれたか
日時:2014.10.31(金) 19:00〜

この記事は最終更新日から4年が経過しています。

『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』を訳した都甲幸治氏が、ブックガイド『狂喜の読み屋』の狂喜の生誕秘話を編集者との対談形式でトーク。

対談者略歴:
都甲 幸治(とこう こうじ)
1969年生まれ。アメリカ文学研究者・翻訳家。早稲田大学文学学術院教授。讀賣新聞書評委員。福岡県出身。柴田元幸門下。著書に『偽アメリカ文学の誕生』(水声社)、『21世紀の世界文学30冊を読む』(新潮社)、『狂喜の読み屋』(共和国)、『生き延びるための世界文学』(新潮社)がある。

下平尾 直(しもひらお なおし)
1968年生まれ。共和国代表。京都大学大学院人間・環境研究科博士課程退学。コピーライター、編集者を経て、2014年4月に株式会社共和国を法人登記。6月に創業第一弾となる『狂喜の読み屋』と藤原辰史『食べること考えること』の2点を刊行。最新刊は『総統はヒップスター』(波戸岡景太訳)。

詳細情報 → http://www.bookskubrick.jp/about-bk/topics/20141001-2731.html

kyouki
会場カフェ&ギャラリー・キューブリック(東区箱崎1-5-14-2F)
開催 2014.10.31(金)19:00〜
予約ブックスキューブリック箱崎店(hakozaki@bookskubrick.jp
料金1500円(ワンドリンク付) *要予約
お問合せ☎092-645-0630(ブックスキューブリック箱崎店)
共催ブックスキューブリック/西南学院大学学内GP「ことばの力養成講座」