加島祥造フェア [終了しました]

この記事は最終更新日から11年が経過しています。

 『いまを生きる』『タオ-老子』等多数の著作を持つ加島祥造氏の個展が、同じけやき通りの「ギャラりー尾形」さんで開催されるのに合わせ、当店でも同氏の著書をコーナー展開しています。

展覧会名/「伊那谷の風 ひびきあう心 画と詩  加島祥造」
期   間/2007年7月21日~8月5日
会   場/ギャラリー尾形:福岡市中央区赤坂2-4-3 シャトレ赤坂2F
       TEL 092-713-1835
       http://www.g-ogata.com

加島祥造/1923年東京生まれ。1973年より墨彩画を始め、個展を東京、京都中心に多数開催。13年前より長野県の南、伊那谷、駒ヶ根市に移り住み、自然に接しながら詩と画作中心の生活を送る。