Home > お知らせ | ニュース > ブックオカ初の書籍を刊行します。

ブックオカ初の書籍を刊行します。

昨年10周年を迎えたブックオカ。

昨秋の記念イベントとして開催した「車座トーク 〜本と本屋の未来を語ろう」の内容をまとめた書籍を刊行します。

書名は

『本屋がなくなったら、困るじゃないか 〜11時間ぐびぐび会議』(ブックオカ編・西日本新聞社出版部刊)。
本屋がなくなったらカバー2


     *
福岡の街はもとより、いま、全国で、街から1日1軒のペースで本屋さんが消えていく時代です。

この流れは、もう20年近く前から、止めどもない激流のように私たちをおそっています。

でも、そんな現実を憂いているばかりでは未来はありません。

「福岡を本の街に」という合言葉の下、有志で立ち上げたわれわれブックオカとして、

せめてこの現状に、地方から一石を投じ、新たな流れをつくることができないか、

という思いから開催したのがこの座談会です。

当日は、東京・大阪・広島からもゲストをお招きし、

複雑に絡んだ出版・書店業界の根っこにある問題をときほぐしながら、

国内や海外の注目すべき先行事例にも学びつつ、

本を愛する読者のもとに、どうすればシンプルに本を届けることができるのかを

徹底的に話し合いました。

2日間11時間に及んだ座談会は、

日ごろ書店や出版社、そして取次(本の流通を担う会社)に勤める出席者たちが、

率直に、笑いあり涙あり(?)の本音トークを繰り広げます。

本と本屋を愛する人たちすべてに向けて、実行委員一同、心をこめてつくりました。

この本を読んで、本屋に勤める人たちが将来に希望を持てるように、

そして、将来、本屋を開きたいと思ってくれる人が出てきてくれるようにと

心底から願っています。

ぜひご笑覧ください!!

〔書店の方へ。以下の注文書をご活用ください〕
本屋がなくなったら、困るじゃないか

Home > お知らせ | ニュース > ブックオカ初の書籍を刊行します。

<ブックオカ実行委員会事務局>
ブックスキューブリック内 大井実
福岡市中央区赤坂2-1-12ネオグランデ赤坂1階

問い合わせ/藤村興晴
TEL.092-406-2036
MAIL.info@bookuoka.com

Return to page top