編集・ライター養成講座特別編 〜福岡ブックスクール

この記事は最終更新日から9年が経過しています。

一箱古本市の余韻もさめやらぬ11月1日(日)、「編集・ライター養成講座特別編 〜福岡ブックスクール」が開催されました。
1時限目は大原哲夫さん(元・小学館編集者)による「創造的、根元的編集論」。その熱気と本気を帯びた語り口に、若い編集者志望の聴講生はいきなりカウンターパンチを食らったようでした。
3限目の「福岡発ベストセラーの舞台裏!」では地元出版社の編集者有志9人が、ナンダロウアヤシゲ氏の司会のもと、自社のベストセラーを紹介しながら、常に横たわる流通の問題までを語りましたが、2時間ではなかなか核心にまで至らず、やや消化不良の感がありました。また会場に充満した熱気で、本当に気分が悪くなった方もいたようです(大丈夫でしたか?)。
ともかく濃い1日でした。