福岡で考えるドストエフスキーと現代 亀山郁夫さん講演会〜再読『罪と罰』
日時:2014.11.08(土) 14:00〜

この記事は最終更新日から4年が経過しています。

〝選ばれしもの〟には〝取るに足らない命〟を奪うことはゆるされるのか? 人間の罪とは何か? 救済とは何か? ドストエフスキーを現在に甦らせた翻訳者が行間に隠されたメッセージ解読し、作品の現代性を考えます。

kameyama

(料金の表記に誤りがありました。深くお詫び申し上げます)

会場大名MKホール(中央区大名1-3-40オリエンタルHMKビルB1F)
開催 2014.11.08(土)14:00〜
予約お申し込みはこちら
料金500円 *要予約 
共催光文社

1 個のコメント