『新しい出版社のかたち』フェア、スタート!

この記事は最終更新日から3年が経過しています。

11/1(土)〜リブロ福岡天神店(岩田屋本館7階)にて、ブックオカ2015中の企画、『新しい出版社のかたち』フェアが始まりました。東京の出版社「トランスビュー」をはじめとした注文出荷制の出版社が中心となったフェアです。山家悠平さんの話題書『遊郭のストライキ』を刊行した「共和国」や、惜しまれつつ閉店した神戸・海文堂書店の『海の本屋のはなし―海文堂書店の記憶と記録』を出された神戸「苦楽堂」など、どの出版社も鼻息荒く、清々しい仕事をなさっています。福岡からは「弦書房」と「アリエスブックス」、「忘羊社」が出品しています。ぜひ足をお運び下さい。
P_20151101_132719