生き延びるためのアナキズム 〜『ハンセン病療養所を生きる 隔離壁を砦に』を読む
日時:2018.10.23(火) 19時〜(開場18時)

すべてを奪われた極限状況のなかで、それでも人間らしく生きることを諦めず、他者と手を取りあって状況を変えていく実践は、必然的にアナキスト的な様相を帯びてきます。

かつてのハンセン病療養所では、極限状況のなかを生きのびるために、そして、みずからの生きる世界をよりよいものに変えていくために、多彩な活動が営まれていました。この対談では、『ハンセン病療養所を生きる 隔離壁を砦に』で描かれたアモルフかつアナーキーな生活実践や芸術活動を手がかりとして、「自由」「アジール」「コレクティヴ(collective)」「根をもつこと」などさまざまなテーマについて考えてみたいと思います。

会場カフェ&ギャラリー・キューブリック(東区箱崎1-5-14-2F)
開催 2018.10.23(火)19時〜(開場18時)
予約ブックスキューブリックHPから(先着順)
料金1500円(1ドリンク付き・終演後懇親会あり)
ブックスキューブリック箱崎店へメール または☎092-645-0630
主催西南学院大学「〈ことばの力〉養成講座」