『ある男』刊行記念 平野啓一郎が語る わが文学と九州
日時:2018.11.02(金) 19時〜(開場18時)

デビューから20年を迎えた作家平野啓一郎さんをお迎えしたトークイベントを11月2日に箱崎店で開催します。

当時最年少の23歳で芥川賞を受賞(処女作『日蝕』)して華々しく登場して以来、コンスタントに作品を発表し続け、ベストセラーとなった一昨年の『マチネの終わりに』(渡辺淳一文学賞受賞)は映画化も予定されるなど大きな話題を集めました。

2年ぶりの作品『ある男』(文藝春秋)の発売を記念しての開催となる今回は、新刊や文学のこと以外にも、北九州で過ごした少年時代の読書体験や「九州」についても語り尽くしていただきます。

会場カフェ&ギャラリー・キューブリック(東区箱崎1-5-14-2F)
開催 2018.11.02(金)19時〜(開場18時)
予約ブックスキューブリックHPから(先着順)
料金1500円(1ドリンク付き・終演後懇親会あり)
ブックスキューブリック箱崎店へメール または☎092-645-0630
主催文藝春秋/ブックスキューブリック