『物語』の愉しみ 「恋」が彩るフランス小説
日時:11月4日(土) 14時〜(開場13時半)

この記事は最終更新日から1年が経過しています。

駒井稔(光文社古典新訳文庫元編集長)×加地葉(伽鹿舍)トーク

フランス文学の登場人物たちは、必ずと言っていいほど激しい恋に落ちる。恋の悲劇のうちにひそむ美しさと哀しみを、光文社古典新訳文庫の立ち上げから100万部を超えるベストセラー『カラマーゾフの兄弟』等、多くの作品の編集を担当してきた駒井稔氏と、熊本の文芸出版社・伽鹿舍の加地葉さんが語りあうトーク。

会場ギャラリー・モリタ(中央区赤坂3-9−28)
開催 11月4日(土)14時〜(開場13時半)
予約予約フォームからご応募ください(クリック)
料金500円
お問合せinfo@bookuoka.com Tel: 092-406-2036(忘羊社)